スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

股関節を脱臼しました

昔、器械体操をしておりました。

それはひどい腰痛でやめたんですが、筋力が弱ってきたら股関節をよく脱臼するようになりました。

最初の時はどうしていいかわからず、病院へ行きました。



そうしたら、ストレチャーに乗せられてレントゲン室へ。

透視化で医師二人係で15分格闘したでしょうか?

若い研修医二人です。


痛かったのなんの。

その後、一週間ベッド上安静でした。

私は重病人かよ~。




その後看護学生になってからも股関節がよく脱臼したものです。

脱臼すると曲げ伸ばしも何もできなくなります。

健常な足でけんけんして本棚にまず向かいます。



解剖学の本を探し当て、股関節のページを広げてよく読みます。

脱臼するとき、どのように脱臼したか自分で分かるので、

うまくはめられる方向を探します。


そして自主整復します。意外と簡単です。

ちょっと痛みはありますが、はまればこちらのものです。




ただ、脱臼した後、10日間くらいは股関節のねん挫と再脱臼を起こしやすいです。

寝返りを打つ時も外れそうな感覚で目が覚めるほどです。

脱臼した足を軸足に方向転換すると捻挫します。


これはものすごく痛いです。

しばらくびっこひきます。

でももう脱臼しなれてるので、立ち居振る舞いも慣れたものです。



言っておきますが、臼蓋形成不全は持っていません。

股関節は健康です。周囲の腱が伸びているのでしょうね。



なんかいい訓練法ってないのかな?お目にかかったことがないです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。