スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼と同棲することになりました

彼とお試し同棲をしてみて意外とうまくいきそうだったので、本格的に同棲することにしました。

契約時、一人で入居だったため、不動産屋さんである松本商会さんに尋ねたところ、

同棲の場合、相手の住民票を提出すればいいとのことでした。




彼とは婚約しています。うちの親は了解してくれました。



でも、結婚には大きな障害が立ちはだかっています。

そう、

彼のお母様です。




彼との結婚はお母様が生きているうちは無理そうです。

まあ、紙切れ一枚に縛られる関係よりは気楽といえばそうなんですが。




彼は実質的にこちらへ引っ越してきますが、住所は名古屋のままです。

彼のお母様が許さないのです。




なぜすでにいい大人の彼をそう縛るのか?

金です。彼名義の土地があり、それを姪と甥に渡すのが彼のお母さんの夢なんです。

ですから今、彼は数年に分けて土地の名義変更をしているところです。




なぜ数年に分けるかというと、税金対策です。

一括だと何百万もとられるところを分割すると少額で済むそうです。




その代り、彼のお母さんは年に10万ずつ払うからと彼が住所を変更することを許しません。

結局、全く一人になるのがさびしいんでしょう。




彼の妹さんは結婚して離れていますし、

彼が結婚に失敗してから20年、母子で暮らしていたせいでしょうか?

彼が病気を持っているからでしょうか?

とにかく、彼をスポイルしているのです。





彼は半分飛び出して私のもとへやってきます。

結婚自体は彼のお母様がなくなるか折れるまでする気はありません。

彼のお母様も70歳を超えています。



ちょっとかわいそうなので、私が我慢します。さて何年待てばいいのかな?



25日、彼は来る予定です。

そうしたら、一緒に暮らし始めます。



楽しい生活になるでしょう。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。