スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中2殺人事件第二回口頭弁論

2回目の口頭弁論は 7月17日(火)に開かれます。

原告側は その口頭弁論に先駆け、学校が実施したアンケートを

訴訟資料として 裁判所に提出しました。

アンケートには・・・

★紙を食べさせられる(傷害罪)

★顔にペンで落書きされる(暴行罪)

★点数の悪い答案用紙を黒板に張られる(侮辱罪)

★運動着に小便をかけ臭いと馬鹿にする(器物損壊罪)

★全裸にされ射精を強要する(強制わいせつ罪)

★教科書が破られたり、口に粘着テープを張られて羽交い締めに(器物損壊罪、暴行罪)

★思い切り肺、おなか、顔を殴ったり、跳び蹴りされる、頭を踏まれる(傷害罪)

★(いじめたとされる同級生が)あざができたら先生にばれないように伏せさせた

★昼休みトイレでぼこぼこにされる、毎日のようにトイレで殴られる(暴行罪)

★恐喝した上、親の銀行から現金を引き出し遊ぶ(恐喝罪)

★家族全員死ねと言われる(脅迫罪)

★体育大会で集団リンチ、亡くなる2週間前に殴る蹴る(傷害罪)

★口の中に死んだハチやカエル、雀を入れられる(暴行罪)

★万引きしたくないからお金を渡していた、そうしなければ殴る蹴るの暴行(脅迫罪)

★昼休みに毎日、高所からの飛び降り、ロープでの自殺の練習をさせられる(自殺教唆罪)

★被害者が自殺する直前、加害者らに「死にます」などとメールしたり、電話をしていた

★がんの友達に『自分の命をあげる』などと言っていた

★成績カードを破られる(器物損壊罪)

★整髪料のスプレーをかけられる (暴行罪(箇所によっては傷害罪))

★自宅を荒らされ財布を盗まれた(住居侵入罪、窃盗罪)

★メガネなどの持ち物を壊した(器物損壊罪)

★はちまきで首を絞めた(傷害罪)


他にも・・・

「自殺の練習をさせられていた」 「万引きをさせられていた」 「葬式ごっこをしていた」

「写真の顔を黒く塗りつぶされていた」 「チョークの粉をかけられていた」

・・・など、 自殺した少年に対する 酷い「いじめ」の内容が

詳細に 記載されていました。




デヴィ夫人のブログから拝借してきました。とてもわかりやすかったので。

かわいそうな少年。姉を守ろうと必死だったのですね。
まだ、世間を知らず、逃げ方も何もわからなかったのでしょう。

この年頃はどうしても親には言えない時期。
学校という密室で行われた凄惨な犯罪。

県警は刑事事件としての捜査も視野にいれて動き始めたとのこと。
唯一の光が見えてきました。

少年だからといって、裁かないのは罪といえると思います。
真実を明るみに出し、親ともども裁いてほしいですね。

学校職員、市教委のしでかしたことも明るみになって、処分されるべきだと思います。
校長・市教委は我が身かわいさに事なかれ主義に走りました。

この事件がきっかけで、学校にも司法が及ぶようになるといいと思います。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。