スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プルトニウムなどを排泄する薬剤承認へ

http://www.asahi.com/special/10005/TKY201106010727.html

体に入った放射性物質を排出させる薬剤2品が、7月にも医薬品として承認される見通しになった。1日開かれた厚生労働省の薬事・食品衛生審議会の部会で、意見がまとまった。

 2剤は「ジトリペンタートカル」(販売名)と「アエントリペンタート」(同)。どちらも主に点滴薬として使われ、日本メジフィジックス社(東京都)が輸入販売する。

 厚労省によると、原発事故などで放射性物質を大量に吸い込んだり、傷口から入り込んだりしてしまった時に使われる。プルトニウムなどを尿から体外に出す効果が認められているという。2010年10月時点で、米独仏の3カ国で承認されている。

 放射性物質の除去剤で国内で承認されているのは放射性セシウム用の「ラディオガルダーゼ」がある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いくら薬剤を追加してみたところで、きちんとした内部被ばく検査がなされなければ無意味でしょうに。


今政府は福島の人々のホールボディカウンターを拒否しているのが現状です。
それだけ汚染は深刻という事でしょうか?データを取るまでもないといった雰囲気ですね。
福島の医師たちは「我々は放射能に対する権威になるだろう」と馬鹿げたことを言っていますが、データを取らず、追跡調査せずにどうやって権威になれるというのでしょうか?

これから生まれる中国ウルムチ周辺の被ばくした者たち、チェルノブイリで被爆した者たちに共通の奇形、若い突然死、流産の増加、白血病、固形癌などの増加だけを見ていくのでしょうか?

子供に20ミリシーベルトを許す国です。でも実際はもっと被曝しているでしょう。何故なら、このデータは外部被ばくのことしか考えていないからです。

文科大臣は高濃度に汚染している園庭・校庭の表土除去は考えていないといいました。汚染した場所を子供の遊び場としてそのまま使用しろと言っているのです。屋内退避は10ミリシーベルトでなされます。それを子供に、場所によっては20ミリシーベルトを超える値のところが安全というのです。

福島県は学校のプール授業を認めましたが、これも恐ろしいことです。福島の学校は一部プールは使用しないといったようです。埼玉でもプール授業について不安の声が上がっています。PTA有志で放射線の測定をしてみたら、水たまりや屋外プールで高濃度だったそうです。

福島に立ち寄っただけの人がものすごく被曝していたという事実があります。

ぜひとも国に福島の人たちの調査と追跡を行っていただきたいところです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。