スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原宿駅前で2万ベクレル 空気清浄機から7万ベクレル

http://www.youtube.com/watch?v=msoteVTiguY&feature=player_embedded

■深刻化するセシウム汚染

福島第1原発事故以来拡散しつつある放射性セシウムが、首都圏で深刻な内部被曝を引き起こす恐れが高まってきた。

原宿で採取された「黒い物質」から2万ベクレル、埼玉県越谷市の一般家庭で利用されてきた空気清浄機から7万ベクレルが検出された。


■事故以来セシウムを吸着し続けてきた

空気清浄機のフィルターからセシウムを検出したのは東京都にある日暮里放射能測定所。一般から持ち込まれたアイテムの検査を請け負っている。

問題のフィルターは埼玉県越谷市の一般家庭で使われていたもの。福島第1原発事故以来、ずっと使われてきたもの。

セシウム137が4万5,465ベクレル/kg、セシウム134が2万6,302ベクレル/kg検出された。合計すると7万ベクレルあまりになる。27日に同施設のHPで公開された。

測定に当たっては、ダストとフィルターを分離せずそのまま測ったため、ある程度の誤差はある、とされているが、同様の空気を肺で濾過してきた、と考えると、恐怖を禁じ得ない数字だ。


■原宿で2万ベクレル、皇居で11万ベクレル

汚染は東京都内でも進んでいる。JR原宿駅前で採取された「黒い物質」から2万1,346ベクレル/kg、皇居周辺で採取されたものからは11万ベクレルのセシウムが検出されたことをBS11の報道番組、Inside OUTが28日に報じた。

黒い物質は福島県南相馬市の大山こういち市議が発見して命名した物質。セシウムを取り込んだ藍藻が乾燥して粉状になったもの、と考えられている。


■無意味な空間線量の発表

環境省では各地の危険度を把握している、とのスタンスを示すために空間線量を測定して発表している。これは地表から1m、あるいは50cmの線量を測った数値であり、「黒い物質」などが持つ放射線量はほとんど測定できない。

風の強い日にこういった物質が舞い上がって、呼吸とともに体内に入り、内部被曝を引き起こすリスクについて、京都大学の小出准教授などが指摘しているが、ほとんど報じられていないのが現状だ。

(税金と保険の情報サイト)
http://www.tax-hoken.com/news_ahuMyM3Xrm.html

================================================

こんなにひどい汚染物が各地に存在しているのに,政府が放置している理由が語られています。

それは,環境省が定めた除染の基準が空間線量(シーベルト)に依存しているので,ベクレルがいくら高くても無視されてしまうのだそうです。

こういうことが判った時点で基準を変えればよいだけだと思うのですが,未だに放置されているということに悪意が見え隠れします。

巧妙なスローモーションの殺人です。

ウクライナの首都キエフは、チェルノブイリから130kmほどだが、幸いにも
放射能の重篤な被害はまぬかれた。
いっぽう東京は福一からの距離は220kmほど離れているが、大汚染してしまった
ことが次第に明らかになってきた。隠蔽する政府の手によってではなく、民間の努力
によってだ。

ホールボディカウンタによる大規模な検査が必要だろうが、それを政府が推進する
ことはないだろう。結局youtubeの映像「blind」のような、都民みなが高機能の
毒ガスマスクをつけて行動し、子供の喉にネックレスのような手術後のある、悪夢
のような風景が日常化する。

以下のブログには魚のセシウムよりウランなどが多いことが書かれています。
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-2304.html
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。