スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在日追放と武力行使を

1949年、吉田茂首相(@麻生太郎氏のおじいちゃん)は連合国最高司令官ダグラス・マッカーサー元帥に
「在日朝鮮人の全員送還を望む」と題する朝鮮人送還を求める嘆願書を提出している。

嘆願書では台湾人はあまり問題を起こしていないとして朝鮮人のみの送還を強く訴えた。

吉田首相は
朝鮮人の半数が不法入国者であること を明らかにしたうえで、問題点を指摘した。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

1>日本の食糧事情がひっ迫しており朝鮮人の分まで輸入するのは将来の世代への負債となり公正ではないこと

2>朝鮮人の大多数は日本経済の再建に貢献していないこと

3>朝鮮人は犯罪を犯す割合が高く、日本国の経済法規を破る常習犯であること。
かなりの数が共産主義者とその同調者であること。
投獄者が常に7,000人を越えること。
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

朝鮮人の送還費用は日本政府が負担するとして、
マッカーサーに送還の承認を嘆願した。

http://ja.wikipedia.org/wiki/在日韓国・朝鮮人




②>
昭和30年06月18日 第022回国会 法務委員会 第23号
小泉純也政府委員の発言
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/022/0488/02206180488023a.html
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
60万と推計をせられる朝鮮人のうち、
日本から母国に帰りたいという者は、一人もいないといっても大した言い過ぎではない。
一方向うからは、入れれば、それこそ手段方法を選ばず、命がけでも密航をして、
方法さえつけば怒濤のごとくどんどん入って来る。

こちらから強制送還をしようといたしましても、
韓国の政府がこれを容易に受け付けないというところに、

人道問題だけでは解決しない大きな国と国との外交問題と申しますか、
もう入国管理局だけでは手に負えない
大きな外交問題となってここに横たわっておるのは、
私が申し上げるまでもなく、
御理解をいただいておると思うのであります。

ですから要するに、
こちらは国際的ないわゆる紳士としての態度をもって韓国に接しましても、
韓国の方は、紳士的でないとは申しませんが、
御承知の通り李承晩ライン、その他漁船の拿捕の問題、
こちらから、密航した者を密航したという確証をあげて韓国に申し入れましても、
その送還を容易に受け付けない。

こちらは向うから出てきた者を受け入れっぱなし、
不法入国であろうが何であろうが、
返すことができないで、大村収容所にはますます人員がふえていく、
それをみな国費で、国民の血税で養ってやらなければならない、
その取扱いについても、きわめて懇切丁寧にしなければ、人権蹂躙というような
問題まで起きてくる。

これを大まかに考えますと、一体日本のためにやらなければならないのか、
日本国民の血税の犠牲において、
韓国人をまず第一義として大事にしてあげなければならないか
というようなところまで、
考え方によっては行く問題であると私は思うのであります。
(以下略)
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

以上 参照元 http://blog.livedoor.jp/wakazi/archives/1727782.html#



③>
ギリシャ、不法移民摘発
http://www.hoshusokuhou.com/archives/13847848.html
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
ギリシャからの報道によると、
同国警察は6日、首都アテネで4日から不法移民の一斉摘発に乗り出し、
約6000人を連行、うち約1600人を不法滞在の疑いで逮捕したと発表した。

今後、国外退去とする方針。

不法移民対策を進め、国民の不満をかわす狙いもありそうだ。
同国には毎年、欧州を目指す南西アジアやアフリカなどの不法移民約10万人が入国するほか、
最大で100万人の移民が滞在しているとされる。

移民増加が雇用を奪い、犯罪増加も招くとして、不満が強い。
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

>異文化共生だの何だの寝言を垂れ流し、
>不法入国の外国人の滞在を正当化しようとする馬鹿な国もあるんだぜ。
~ この記事についたコメントより



外からやってきてこの国が嫌いだというのなら帰ればいいんだよ
(@ 帰せばいいんだよ)




最大勢力 永住韓国人・朝鮮人 47万人




ただ今、
そんな方々に支持される民主党が
日本の国政の舵取り役です。

「この国が嫌いだというのなら、帰せばいいんだよ」と
どんなに願えど
問題視する対象に支持される民主党が
日本の国政の舵取り役です。

かじ取り役に選んだのは誰なのか?

私たち 日本人 です。


かじ取り役が売国奴だと、
時に「友好関係」さえ崩れそうですよね。
「仲が悪い国」とは、
より一層争うことになりそうですよね

国益となれば国は続く
国益とならなければ国は続かない

忘れないようにしたいものです。

~~~
自分の父ちゃんが
自分を相手にせず
隣の子供ばかりを可愛がっていたら
そりゃあむかつく

おまけに隣の子供が、
自分に舌を出していたらもっともっとむかつく


でも最近
こう思うんだ。


隣の子供がどんなに馬鹿で屑でおたんこなすでも
自分の父ちゃんが
しっかりと自分と向き合ってくれたら、
隣の子供の嫌がらせから自分を守ってくれていたら、、、、、、、、

こっちを見るなと叫びながらも毎日毎日隣の子供のことを気にして
こっちを見るなと叫びながらも毎日毎日隣の子供の悪口を言って
こっちを見るなと叫びながらも
自分には何ら影響のない隣の子供の失敗にまで、
口をはさみ、
さげすみ
嘲り笑い、
毎日毎日毎日 憎んで憎んで憎んだかな?


隣の子供がどんなに馬鹿で屑でおたんこなすでも
隣の子供がどんなに自分や自分の家の悪口を言っても
隣の子供がどんなに自分に危害を加えようとしても
自分に自信があり
自分の家に自信があり
自分の父ちゃんが
しっかりと自分と向き合ってくれたら、
隣の子供が嫌がらせをしても自分をそれから守ってくれていたら、、、、、、、、

もう少し
どっしり構えていられたんじゃないかな?



隣の子供は
嫉妬深く、
気に入らないと騒ぎわめき暴れて
「僕」の失敗を喜び「僕」の成功を憎み悔しがる。

そんな隣の子供の事ばかりを考えて暮らしていたら
いつの間にか
僕も「隣の子供」の失敗を喜び
「隣の子供」の成功を憎み悔しがるように
なってしまったよ。


2670年以上続く僕の家。

そんな僕の家を繋げてくれた
僕の祖先は
今の僕のようだったのかな?
~~~

どんなに他国に叫ぼうが
自国が自国優先に対応できなければ
問題は解決しない。


今、
私たちがやるべきことは、

他国を憎み他国に向かって叫ぶ毎日ではなく

時に優しく時に腹黒い世界の中であっても

日本が日本であり続けられるように
日本人が日本人であり続けられるように
そうしてくれる
優秀なとうちゃんを取り戻す事だと
日記主は思います。




 「人間は、他人のささやかな皮膚病は気にしても、
自分の重病は目にはいらない」   
~ユダヤ タルムード学から抜粋


韓国大統領が竹島上陸するとしたら、韓国駐在大使を召還する模様ですね。
それだけでは生ぬるいと思います。

日本は韓国から資金を回収し、不法入国の在日をすべて追放するべきです。

領土を守るためには国交断絶で構いません。自衛隊も配備した方がいいと思います。
あの腐った思想を持つ国に情けは無用です。
国土を守るための武力行動は認められているのですから、正々堂々と行使するべきです。

さて、在日寄りのドジョウがどこまでできるか見ものですね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。