スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本は国民を見捨てた

日本人を救う為、突然降り立ったトルコの飛行機

1985年3月17日 イラン・イラク戦争の最中、
イラクのサダム・フセイン大統領が、
「今から四〇時間後に、イランの上空を飛ぶ飛行機をすべて打ち落とす」と宣言します。
イランに住んでいた日本人は、慌ててテヘラン空港に向かおうとしたのだけれど、緊急事態です。
どの飛行機も満席で乗ることができません。
世界各国は自国民の救出をするために救援機を出したのだけれど、
残念ながら日本政府はすばやい決定ができなかった。

自衛隊機の出動は、海外への派兵は憲法違反にあたると、
当時日本の最大野党であった社会党(いまの社民党)が猛反対したのです。
民間では、政府系航空会社である日本航空社内で、共産党や社会党系の乗員組合が、運行を拒否。

そして、日本人だけがテヘランに取り残された。
宣言の刻限は、刻々と迫ってきます。

空港にいた日本人は、パニックに陥る。

そのとき、トルコ航空の飛行機が到着します。

トルコ航空の飛行機は、
日本人216名全員を乗せて、成田に向かって飛び立った。
タイムリミットまで、わずか1時間15分前のできごとでした。

このとき、なぜトルコ航空機が来てくれたのか、
日本政府もマスコミも知らなかった。

前・駐日トルコ大使、ネジアティ・ウトカン氏は次のように語られた。
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

「エルトゥールル号の事故に際し、大島の人たちや日本人がなしてくださった献身的な救助活動を 今もトルコの人たちは忘れていません。
私も小学生のころ、歴史教科書で学びました。
トルコでは、子どもたちさえエルトゥールル号のことを知っています。
今の日本人が知らないだけです。
それで、テヘランで困っている日本人を助けようと、
トルコ航空機が飛んだのです。」

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

エルトゥールル号事件をご存じない方はこちらをどうぞ
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
明治23年(1890年)の出来事です。
トルコ皇帝ハミル二世が日本に派遣した特使一行を乗せたトルコ軍艦エルトゥールル号が、帰路、暴風雨に遭遇してしまいます。
そして、和歌山県串本町沖合で、岩礁に衝突し遭難した。
この遭難事故で、トルコ特使を含む518名が死亡してしまいましたが、
死を免れた69名は、地元漁民の手厚い救護により一命を取りとめます。
このとき串本の村人たちは、台風により漁ができず、自分たちの食べるものさえ無くなってしまうという状況にあったにもかかわらず、非常時のために飼っていた、最後に残ったにわとりまでも、トルコ人に食べさせ介護しました。
貧しい村人たちにとっても、ほんとうに命がけの救助と介護だったのです。
そして遭難者の遺体を引き上げ、丁重に葬った。

この話は、和歌山県知事から明治天皇に伝えられます。

後日、
遭難者たちは明治天皇の命により軍艦2隻でトルコに送り届けられました。
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-502.html より転載して抜粋
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\


日本には困った時はお互い様 という言葉がある。


「困った時はお互い様」
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
■意味

誰でも、困った事に遭遇する時はある。
それを見た人は助ける。
しかし、助けた人もいつか必ず困った事に遭遇する。
その時は、誰か他の人に助けてもらうことになるだろう。
今回は、たまたまあなたが困っているので、私がお助けしていますが、
お互いに、いつ立場が逆転するかわかりません。
ですから、
必要以上に私に恩義を感じて萎縮する必要は全くありませんよ。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\



困った時はお互い様

日本が日本だからこそ
日本人が日本人だからこそ
生まれた言葉


困った時はお互い様

日本が日本だからこそ
日本人が日本人だからこそ
できる事


困った時はお互い様

そう言って助けてもらえる日本で有れ と日記主は思います。

その為には
日本が「助けてもらえる日本」である必要があります。

感謝を忘れ恩を忘れるような日本では不可能でしょう。
信用や信頼を生む日本でなくては不可能でしょう。


困ったときはお互い様

そう言って助ける事ができる日本で有れ と日記主は思います。

その為には
日本が「助けることができる日本」である必要があります。

感謝を忘れ恩を忘れるような日本では不可能でしょう。
助けたくても助けることができない「国力」では不可能でしょう。


信用、信頼から生まれる「困ったときはお互い様」と
困ったときはお互い様から生まれる「信用、信頼」が
日本を助ける


必要なのは
国力、
信用や信頼を生む外交力、
それを望む日本人とそれを可能にする舵取り役


どんな日本を望むのか

日本人の意識次第でいかようにも。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。