スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反原発である100の良い理由 5&6

ドイツでは、電力会社(http://www.ews-schoenau.de/)が、反原発キャンペーンしています。

100 GUTE GRÜNDEN GEGEN ATOMKRAFT(http://100-gute-gruende.de/index.xhtml)
(反原発である100の良い理由)

#5 Krebs aus der Mine
Uranbergbau verursacht Krebs.
Radioaktive und giftige Stoffe aus Urangruben und ihren Abfallhalden machen Arbeiter und Anwohner krank, die Krebsrate steigt.

Rund 10.000 ehemalige Arbeiter der Wismut-Urangruben in Ostdeutschland sind strahlenbedingt an Lungenkrebs erkrankt. Die Einwohner der kirgisischen Uranbergbaustadt Mailuu-Suu bekommen doppelt so häufig Krebs wie ihre Landsleute. Bei den zwischen 1955 und 1990 in der Uranmine in Grants (New Mexico/USA) Beschäftigten belegte eine Studie ebenfalls erhöhte Krebs- und Todesraten. Massive Gesundheitsprobleme wegen des Uranbergbaus sind auch bei den Navajos in New Mexico, in Portugal, in Niger und in vielen anderen Uranbergbaugebieten nachgewiesen.

#5 鉱山からの癌
ウラン採掘は、癌を引き起こします。
ウラン鉱山やぼた山からの放射能や毒性物質は、作業員や周辺住民を病をもたらし、発ガン率を高めています。

約一万人もの、東ドイツのビスマス・ウラン鉱山の元作業者が、放射能によって肺がんになっています。キルギスのウラン鉱山都市「Mailuu-Suu」の住民の発ガン率は、他の同国民の二倍です。1955年から1990年の間に、(New Mexico/USA)のウラン鉱山で作業していた人たちに対して行われた調査でも、発ガン率と死亡率の増加が認められています。また、New MexicoのNavajosやポルトガル、ナイジェリアをはじめとする多くのウラン鉱山でも多大な健康被害が実証されています。


#6 Tote Erde
Der Uranabbau hinterlässt tote Erde.
Die allermeisten Uranerze enthalten nur 0,1 bis 1 Prozent Uran, manche sogar nur 0,01 Prozent. Für eine Tonne Natururan sind also zwischen 100 und 10.000 Tonnen Erz nötig. Sie müssen gefördert, verarbeitet und anschließend als giftiger Schlamm Hunderttausende von Jahren sicher gelagert werden.

Hinzu kommen Millionen Tonnen von Gestein, das zu wenig Uran enthält. Dieser Abraum, ein Vielfaches des geförderten Uranerzes, ist meist ebenfalls radioaktiv. US-Präsident Nixon erklärte ehemalige Uranabbaugebiete wegen der großräumigen und andauernden Verseuchung 1972 zu nationalen Opferlandschaften, den ?National Sacrifice Areas?.

#6 死んだ大地
ウラン採掘は、死んだ大地を残します。
ウラン鉱石の多くは、ウランを0.1から1%しか含んでおらず、0.01%のものすらあります。即ち、天然ウラン1トンを得るには、 100から1万トンの鉱石が必要なのです。この鉱石は、採掘され、処理され、最後には、猛毒なヘドロとして10万年もの間、安全に保管されなければなりません。

その上、ウランの含有量が少なすぎる石も数100万トン捨てられます。このウランをほとんど含まない、そしてウラン鉱石の何倍にもなる廃物ももちろん放射能を出しています。アメリカ大統領だったニクソンは、広大な面積が、長年にわたって汚染されたウラン廃鉱を1972年、国の犠牲環境(National Sacrifice Areas)に指定しました。

和訳:小山知司(こやま・さとし)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。