スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼に対して思うこと

彼は病気を持っています。働けないのもそのせいです。

で、病院に通う都合上、今日一時帰宅しました。
次は15日に来ます。1月1日までいる予定です。

そのあとは2月になります。

なぜ一緒に暮らさないのか?
相性もいいし、お互い優しくしていられるし、
楽しいしね。

でも、私は深い交わりに嫌悪を感じてしまう。
ここいら辺がアダルトチルドレンの証拠だなあ。

まだまだ、彼を受け入れるのが、はっきり言うと嫌なのだ。
セクシャルなことに関してはものすごく潔癖症でかたくなに育ってしまった。

父親の影響である。
でも幼稚園の時から独身主義だったからそれとも少し違うのかな?

彼はできたが結婚する気はない。
私にとって結婚生活というのは地獄の入り口にしか見えない。

法という戒めにとらわれて、別れたいときにすぐに別れられないのも痛い。
今の彼とならそういうことはないと思うのだが、
両親を見て、幼いころから刷り込まれた家庭に対する感想は悪いものだ。

私は女に生まれたくなかった。
男にも生まれたくなかった。
無性がよかったなあ。

性の問題が私を苦しめる。
彼は男なので当然したいのだが、我慢してくれている。
これが同棲に至らない理由。
もっとお互いに年を食えば解消される問題だろうか?

彼は今度の恋は一生モノと言っている。
私は生まれて初めてだ。
言い方は悪いが、つけつけと心に入り込んできてしまった。

づけづけと書かなかったところに思いやりを感じてほしい。
力づくでは決してなかったのである。

私のほうが最初はっきりせず、彼の告白に戸惑い、悩み、
受け入れたい気持ちと逆の気持ちが混在していて、
心が揺れ動きまくって彼を本当に泣かせた。

悪いことをしたと思っている。
彼は私がふっても友人でいてくれと言っていた。
今思うと、彼のためにはそのほうがよかったのではないかとふと思う。

今私は彼と軽いキスができるようになった。
でもそれ以上は抵抗がある。
抱きしめあうことができるようになった。
でもそれ以上の展開には抵抗感が強い。

我慢してまで受け入れるものではないだろう。苦痛すぎる。私にとっては。

でもまあ、私がこんな女性じゃなかったらめぐり合うこともなかったわけで……。
そんな私でもいいといってくれる男性は少ないわけで。
私が男を好きになるのもこれが最初で最後になると思うわけで。

許してほしい。これ以上はまだまだ無理だ。
この先も無理かもしれない。
それほどまでに私は過去に呪縛されている。

普通なら自然と寄り添うものなのだろうが、私には努力がいる。
血反吐を吐くほどの。

わかってほしい。どうか、理解してほしい。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。