スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発事故:海外との認識の違い。

にほんでは原発の20~30キロ屋内退避だが、

海外では80キロ退避するよう勧告してる国が多いらしい。

外国人がこの対処のずれに戸惑っているという。

まあ無理もありません。

日本政府はやっと重い腰を上げて屋内退避圏内を退去させようとしている。

物資の流通が悪いせいだけだとは思えない。

以下の測定結果があるからだ。

IAEA、原発から20キロで通常時の1600倍放射線を測定「状況見守る」
2011.3.22 10:59

 国際原子力機関(IAEA)は21日、IAEAの放射線測定チームが福島第1原発の周辺地域の土壌と大気から測定した放射線量を発表、原発から約20キロ離れた福島県浪江町付近で通常の約1600倍に相当する毎時161マイクロシーベルトの放射線量を測定したと明らかにした。

 文部科学省の調査では浪江町で15日、330マイクロシーベルトが測定されている。IAEAは「高い数値が測定された。状況を見守っていきたい」としている。

 IAEAのチームは20日、原発から16~58キロ離れた10以上の地点で土壌と大気の双方を測定。測定値には土壌と大気双方のデータを盛り込んだとしている。IAEAによると、原発の50~70キロ圏の土壌からも通常より高い放射線量が測定されたという。IAEAは0・1マイクロシーベルトを通常値としている。(共同)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。