スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放射能汚染、今後の予測

script_afpbb_news,http://jss.afpbb.com/sdata/newsdelivery/ameba/js/utf8/6975000/f3f2b753be665478890e8c5d3c9c75db.js



福島原発による今後の放射能汚染の専門家の予測を見ても意見は結構ばらばらであるし、

100ミリシーベルトの壁は法律が許していないのだから許されてはならない。

がんになりうる人数が高い低いは関係ないのである。

WHOの定めた基準に収まるように避難誘導、安全性の確保をお願いしたい。

放射能を甘く見ないでいただきたい。

広島などの例が出ているが、ほかにはチェルノブイリのデータがあるだけなのだから。

放射能の排出が止まれば自然界がある程度消化してくれるが、

垂れ流したままならば、蓄積してゆく。

毎日の放射線量を複数機関から公表していただきたい。

あとの判断は自分たちでします。その程度の勉強はします。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。