スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹島上陸計画を強行した韓国政府への抗議文・・・領土議連


2012-08-10 14:23:59 | 韓国外交
以下、議連として抗議文を記者クラブへ発信する。

------------

「抗議文」

日本と韓国は、アジアの隣国として、特に経済、金融、文化をはじめ、他あらゆる面で連携を取り、今日の友好関係構築の為、不断の努力を重ねてきた。

今般、我が国固有の領土である竹島に、李明博大統領が上陸する計画があるとの情報に接し、日本政府は外務省等を通じ竹島入りという事態が生じぬよう韓国政府に中止を求めている。またこれまでにも、韓国国会議員の竹島入り、イベント開催等に対しても、厳重な抗議を繰り返してきた。

ところが再三の要請にも関わらず、この計画が実行された。日韓関係は憂慮の状況になったと認めざるを得ない。我が国としても、大使召還をはじめとして、今後は領土を守るべくあらゆる対処法を模索し、強い姿勢で行動していかなければならない。

これまでに、日韓友好のため尽力された先達の取り組みに敬意を表し、良好な日韓関係をさらに向上させるため、竹島入りという事態が生じぬよう韓国政府に強く求めたにもかかわらず、李大統領の竹島上陸を強行したこと対しては、強く抗議するものである。

平成24年8月10日

日本の領土を守るため行動する議員連盟

最高顧問   衆議院議員 平沼赳夫
会長     参議院議員 山谷えり子
事務局長   衆議院議員 長尾たかし
-------------

これから、更に切り口を変えて、ガンガン行動する事を誓う。


日本は今まで韓国を甘やかせすぎました。
もうこの辺で手を切ってもいいと思います。
大使召還、自衛隊の展開、在日の国外退去、金融政策の見直しなどなど、厳しく接していってもらいたいですね。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。