スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石心会狭山病院の謎

私は一か月ちょっと前に障害年金の遡及請求をしようと思い立った。

障害の程度に応じて障害年金というものが下りる。

だが、私は働いていたのでもらっていなかったし必要がなかった。

今回体調が悪くなり、働けなくなり請求することを決めた。

遡求請求には初診日が必要だ。

私は病院に問い合わせた。石心会狭山総合クリニックである。

昔は石心会狭山病院の一階にあった外来を別棟で建てた代物だ。

普通の外来はすべてクリニックの方にうつされた。

現在も夜間や救急などの外来を石心会狭山病院は見ているが、

以前外来だったところは改造し、ERなんて名づけちゃっている。

これは全部金儲けのため他ならない。

話は戻るが、一か月くらい前、9年ぐらい前の初診日を聞いた私にクリニックはこう答えた。

古い紙カルテは離れたところに保管しているので日にちがかかると。

二日後、男の声で電話があった。

「石心会狭山病院の〇〇といいますが、安西先生の初診日を調べたところ、
平成13年の3月6日です」

「紙カルテあったんですか?」と私

「はい、きちんとお調べしました」と男。

ところがである。

今日受診したら、会計の事務員が言うのである。

「カルテの保管期間は5年になっていまして、5年以前のカルテは保管されていません」


おかしいじゃないか。話のつじつまが合わない。

一か月前にあったものを最近になって全部破棄したという事か?

紙カルテの保管庫まであったのに?

それではあの電話の後で全部処分されたという事なのだろうか?

明らかに怪しい。石心会は金もうけ病院だ。

実は昔勤めていたのだが、あ、内科ね。

癌の患者は全部自然に任せて治療しない方針だった。

これをDNRといのだが、若くてまだ治療の余地があってもDNRにしてしまうのだ。

石心会からがんセンターに自ら行った子はぴんぴんして戻ってきた。

治療の程度が要するに低いのである。

儲けているのは透析と循環器。

透析センターはものすごくいい金になる。

以前は病院内でやっていたのだが、飽き足らなくなって別棟を立てるほどだ。

循環器はバンバン治療して患者の回転数が早いので金になる。

検査代も非常に高いしね。

どこまでも怪しい病院だ。

それとも個人的嫌がらせか?



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。