スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京もチェルノブイリ第三区分入りが濃厚に

以下、ある人の日記の転載です。




事実やので伝えときます。


今日マイミクさんに教えてもらったこのデータ。


3月25日のデータ。
5月10日に文科省からやっと一部公開。


文科省ようやくWSPEEDI予測値(広域汚染状況)の一部を公表:
東京もチェルノブイリ第三区分入りが濃厚に

http://onihutari.blog60.fc2.com/blog-entry-49.html

http://www.mext.go.jp/component/a_menu/other/detail/__icsFiles/afieldfile/2011/05/06/1305799_0325_1.pdf


この予測図だと(予測で実際に計ったわけやないよ)
東京は多摩以外、チェルノの第三区分入りが濃厚だと。


今日、これがショックで泣いておられた子持ちのマイミクさんがいて
ちょっと日記にするか迷ったけど。


でもやっぱり変態的ポジティ部では
『不都合な事実も受け止めて、ポジティブに対策を練る!』がモットーやので、
ここに事実を書いておきます。



今日、文科省に勤めてる彼女から返信ツイートがあって、


『さっきエレベーター内で研究員仲間に
文科省が隠しているWSPEEDI 結果を見せてもらいました。

結果は都内は3時間外にいるのが許容限界範囲です。
完全に汚染地域突入です』


と。。。


三時間、外が限界?!
(追記 子供は1.5時間らしい)


それは福島の話ちゃうのww


詳しく聞いてみると


『図みたいのは緑のアメーバみたいのと、
黄色とオレンジと赤が日本地図にかかってて、
都内は黄色がかかっていました』



この3月のデータに
赤とかオレンジは少ない。
(一歳の乳児というのやつのは高いけど)

http://www.mext.go.jp/component/a_menu/other/detail/__icsFiles/afieldfile/2011/05/06/1305799_0325_1.pdf


黄色は超高濃度汚染地区(黄色)とある。



『公開しないのか?』と聞いた所、
『わからないです。

でも、あんなん公開したら、大パニックになるのは目に見えてます。
日本経済も大打撃。日本は自殺者だらけになってしまう』との事。



ワタスもこれまで一時疎開も考えたけど、
ここまで来たら、長期にわたって、外部内部被曝を避け続けるしかない。


頑張って防護し続けるしかないわww



原発の状況が日に日にどんどん悪くなって、
こういう事態になってきたけど、
都内の人の無防備な姿みてると(特に若いコは)
アーメンっって思ってまうわ。



因みに昨日の雨は彼女がバケツに入れて計った所
『0.82マイクロシーベルト』という事。
(東京の通常の大気の10倍~13倍)



雨にあたるとヒリヒリするで!
ヒドラジンってゆー、原子炉サビ防止剤なんやって。


マスクしてない友達!!
雨にうっかり濡れてる友達!!


ちゃんとしーーや!!www
(うちもちょっと濡れてヒリヒリしたけどww)



関東、東北に残るみんな、
有機味噌と海藻と塩たべて、がんばりまっしょ!!!!



補足 追記。。。


SPEEDI WSEEDIは 予測データです。
彼女が見た所によると、3月25日の予測図と今現状の拡散図が
ほぼ一致していたとのことです。
(原時点で都内はチェルノ第三区分とほぼ一緒)


で、黄色すっぽりは今の予測図なので
これからそうなる感じなんやと思います。


といっても、ヨウ素などは8日で半減するので
その状態が永遠に続くわけではないです。
これからがしばらく酷くなるという予測なので
勘違いしないよーに!!


SPEEDI WSPEEDIは日本の英知の集合体です。
なので3月25日の予測は、
今現在の拡散図とほぼ一致するのです。



3時間外出限度に関しては、今現在のことです。
これからもっと酷くなるという、文科省の予測と見解です。
(隠されてるけどね^^;)



文科省は2001年からこういう、動画のデータを使ってます。

↓ 下をダウンロードしてみて^^

http://www.bousai.ne.jp/vis/torikumi/030108.html


でも今回の公表されたのは
紙(しかも滲んでるww)みたいなアナログデータww


どうも動画で出すと、風向きによって
これまでチェルノ越えしてる日があったらしく、それはマズいからアナログww




元内閣官房参与の小佐古敏荘氏のブログから


SPEEDIが法律通りに運用されていない。
結果が迅速に公表されていない。



小児の甲状腺の等価線量については、
30km圏のみではなく、
福島県全域、茨城県、栃木県、群馬県、他の関東、東北の全域にわたって、
隠さず迅速に公開すべき。



これからもっと酷くなる予測図(ーー;)
予測だけに全部当たるかはワカランが。

うーーーーん、、、困ったもんだ。。。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。