スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つかまろの母とは。

問題の中学に子供を通わせている母親の話
「昨秋、学校の体育館で緊急保護者会が行われたときのことです。校長先生から生徒へのアンケート調査について一通りの説明があり、自殺した男子生徒の父親が、『お騒がせしてすみませんでした』と挨拶していました。その後、司会役の先生が何か聞きたいことがあれば』と保護者に呼びかけたのですが…」

すると、すかさずマイクを握ったのは、主犯格とされるAの母親だったという。

「彼女は髪を振り乱しながら、『うちの子は仲良くプロレスごっこをしていただけなのに、犯人扱いされて学校に行けなくなった。うちの子が自殺したら、ここにいる保護者や先生の責任ですからね』と興奮した口ぶりでまくし立てていた。男子生徒の父親にも、『私かて言いたいことはあるんや。いろいろ知っているんやで』などと半ば脅迫めいた口調で詰め寄っていました。理不尽なことばかりを一方的に喋り、異様な光景でした。まさしくモンスターペアレントそのものです」

しかも、実はこのとき、Aの母親は皇子山中学のPTA会長だったのである。

「あとで先生から聞いた話では、学校が加害生徒たちに事情を聞こうとしても、Aの母親が『うちの子を犯人扱いするんですか!』とがなってきはったそうです。そのため『PTA会長が怖くて聞けへん』と漏らしていました。でも、本来、子どもにカウンセリングなどを受けさせるべきなのに、庇うだけでは何の解決にもならないはずです」

京都市内でデザイン会社を経営するというAの父親に自宅で話を聞くと、

「いまね、めっちゃ旧知の友だちと酒を飲んでたんです。酔っ払った状態で喋れないでしょ。会社の電話もずっと鳴りっぱなしやし、大変なんやて。近いうちに、ちゃんと記者会見するんで、いまはお答えできません」

そこに、加わった母親が、「お引取りくださーい」と、声を張り上げた。
事ここに至っても自分たちも被害者という立場を崩していないのだ。
http://0taku.livedoor.biz/archives/4242409.html


この母親は狂ってるとしか言いようがない。
人一人殺した息子、どんなふうに殺したのかもわかっていない。
最近、こんな無責任な親が増えている。

過保護を通り越して、ほんとうにモンスターだ。
こういう親もさらされればいい。子供の管理をできなかった時点で罪なのだから。
加害者の親も厳しく罰するべきである。

仲良くプロレスごっこをしていた?
それで全身あざだらけになっていつも顔を腫らしてるわけがないだろう。
じゃあどうして死に至ったんだ?
少しは考えろ。

最近こういう親が増えている。どんな教育を受けてきたんだか。
親の面見たい。生きてるのかな?ぜひインタビューを。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。