スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼を泣かせてしまいます

彼を傷つけてるわけではないようなのですが、

最近スカイプをしていて彼がよく泣きます。

何故なくか問うと、私がかわいそうだからだそうです。

彼と出会って芽生えてきた感情に私は戸惑います。

大好きなんだけれど、その言葉一ついえない。

親を憎んで生きていたこと、

それを平然とクールにすごしていた事もかわいそうだと泣きます。

他にもいっぱいあるのですが書ききれません。

とにかく、私のありようが悲しいというのです。

悲しくて、かわいそうで、泣けてくるというのです。

彼は優しいです。父親とは逆の人間。

この前父親はどんな人だったかきかれました。

酒は絡み酒、酒乱で暴力を振るう。物を壊す。

人の嫌がることばかりする。

常に攻撃的でいやなことを話し続ける。

まだまだありますが、それは特殊な事例だといわれました。

そうなのでしょうか?私は長年男を憎んで暮らしてました。

初めて信頼したのが彼です。5年かかりました。

それくらい、私の男性嫌悪は強く植えつけられていたのです。

最近、そういうことを彼と話ができるようになりました。

以前はまったく話せなかったことです。

でも、このことを話すと泣きたくなります。

これが本来の自分。

でもクールを装いたいのです。

これが、仮面をつけた自分。

私はまだ仮面にとらわれています。

彼の言葉に癒され泣きたくなる事もありますが、

本来の自分をさらけ出すのは怖い。

カウンセラーからは泣くように言われています。

そうしてさまざまな仮面をはずしていくのだと。

その仮面が彼を泣かせる要因になっています。

会ってもうれしくないといったことがありました。

でもちがうのです。

あっても会わなくても、心がつながっていれば満足という意味だったのです。

言葉が足りないのもアダルトチルドレンの特徴だそうです。

自然に言葉が出てくるまで無理はしなくていい。

でも、フォローは必要とカウンセラーに指摘を受けました。

気をつけていきたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。