スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本全国総被曝中

3.11以来、一年以上たつが、日本全国民が総被曝していることを知ってほしい。

食べ物、水、空気、雨。

被曝しているのが関東・甲信越・東北だけと思ってる人が多いのには驚かされる。

テレビの偽情報にまんまと洗脳されている。

現在も福島第一原発は危険な状態で、放射能を垂れ流していることを忘れてはいけない。

以下のリンクは愛知の女性の尿に含まれていた放射能の一部である。


http://www.keitousagi.com/kensas/detail/457


放射能は風でまい、九州や北海道にも飛んでいることを政府は伝えようとしない。

また、汚染食品が全国に流通していることもなぜか知らない人が多い。

すでも過去の事件として闇に葬られてしまったかのようだ。

日本の放射能の基準は世界の非常識である。

kizyunti.gif
基準値グラフ

これらの基準値は現在もまかり通っている。

本来ならば、事故直後のみ適応されるものだったのであるが。

東京都は事故の後しばらくしてから、

本来年間で1ミリシーベルトのところを100ミリシーベルトまで安全基準とした。

5ミリシーベルトで白血病になり、労災認定された人間が存在していることも忘れているようだ。

事故前はそれくらい厳しかったのである。

現在福島の人々は100ミリシーベルト以上外部・内部被ばくしていることは広く知られていない。

食事・飲料水を通じて日本全国に汚染は広がり続けている。

福島第一で働いた労働者はすでに何千人か死亡しており、

そのことは極秘とされている。家族に多額の保証金をやって、

被曝死亡者を検体として保管している。

とにかく、日本には安全な場所など一つもないということを肝に銘じてほしい。

あと、外部被ばくと内部被曝の違いをいまだに飲み込めていない人間が多い。

パソコンがあるならぜひ調べてみてほしい。

内部被ばくの恐ろしさを。

これは、チェルノブイリ後のがんの発生した数をグラフ化したものである。

チェルノブイリ

チェルノブイリは一回爆発しただけで、福島第一のように垂れ流し続けてはていない。

なのにこの癌の発生率を見てほしい。

癌だけではない。チェルノブイリハートと呼ばれる先天的に心疾患を持つ子がどれだけ多いか?

これは映画になっているのでぜひ見てほしい。

私が上げた例はほんの一部である。奇形児の堕胎率、出産率もものすごく多い。

チェルノブイリから何年たっているかおわかりだろうか?

いまだにこれが実態なのである。

最後に被曝が原因とされる奇形児の写真を何枚か貼っておく。

よく観てほしい。

奇形人8

奇形人7

奇形人6

奇形人4

奇形人3

奇形人2

奇形人












関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。