スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国の貧困と犯罪もみ消し

統計庁が出した2012年家計金融・福祉調査の結果によると、昨年の可処分所得を基準に作成した貧困率は16.5%と集計された。
これは、韓国人の6人に1人が年間可処分所得が998万ウォン(約75万円)に達しないということだ。

大統領が“非常経済対策体制”を宣言するような状況でも「韓国経済は堅調」「お前らも見習え」などと言っている日本のマスコミはどうかしています。
韓国の報道にはホルホル記事と実態を比較的正しく伝えている記事が両方あるのに、日本の報道は韓国最高!のゴリ押しだけです。

 北朝鮮と少し事情が違うのは、韓国は日本の力をくすね盗って実際にある程度の豊かさを手に入れている点ですね。これがなくなれば、
韓国は人口が多いこと・農作にやや適していることを除いて北朝鮮を下回る国になるでしょう。

現在の韓国の見せかけの豊かさは、日本を初めとする周辺国の負担で成り立っています。

日本のマスコミは、殺人事件や交通事故を伝える機能も持ってはいますが根幹部分は朝鮮半島維持装置です(殺人事件や交通事故も加害者の国籍は報じませんよね)。

 韓国の実態の暴露は、対マスコミ戦の最強兵器です(対マスコミ戦と書くと本末転倒に思われるかも知れませんが、朝鮮半島と日本のマスコミはやがて共倒れする関係にあります)。
ベテラン韓国ウォッチャー諸氏は、我々新兵にもっと弾薬を供給して頂きたいと思います。

 以下、まとまりませんが韓国についての認識でちょっと気になった点を書いておきます。

 先ず「サムスン栄えて国民餓える」という表現はあまり正しくないと思います。サムスンが国内向けボッタクリ価格や補助金(税金)という形で韓国国民から絞り上げているのは確かです。
しかし、サムスンはそうやって絞り上げたお金を輸出品にくっつけることで国際競争力を捏造してるんです。

 こうした捏造がなければ、韓国という国は外貨を稼げません。輸出は実質赤字だと思いますが、赤字でも外貨を手に入れなければ資源も食料もない韓国はやっていけません。
ウォン紙幣を貼り付けて競争力を捏造すれば、本来なら1ドルも手に入らない筈の外貨が得られる。つまり赤字でもある意味得をしているわけです。
国民を飢えさせてサムスンが栄えているのではなく、貧乏泥棒一家が体力のない父親(サムスン)に仕事をさせるため空腹を我慢して御飯を多めに分けてあげている状態です。
そうしないと大黒柱である父親は米泥棒が出来ず、一家で飢え死にになってしまいます。

 韓国国民にもサムスンが悪いとかパク・クネ政権のやることが気に入らないと思っている人がいるようですが、現在の韓国国民が食べていけるのはこの手法のお陰です。
迷惑を受けているのは泥棒の被害に遭っている外国なので、韓国国民がサムスンに文句を言える筋合いではありません。

「韓国は鵜飼いの鵜」という表現も誤解を招きます。韓国は、鵜匠の魚籠から魚を10匹盗んでその内の1匹を鵜匠に貢いでみせているだけです。
実際韓国に貢がせて儲けている企業はありますが、業界単位・国単位で見れば韓国と関わった者は損をしている筈です。

 韓国が名実共に敵であれば過小評価するべきではありませんが、表向きパートナーを装っている間は過大評価するべきではないと思います。
韓国の実力は北朝鮮以下だと常にイメージするようにして下さい。


韓国人は、自国の腐敗を正そうとせず、改めようとせず、自国での努力より反日国家での出稼ぎの為に、他国で稼ぐ為に、他国侵略のために、移民地と母国を繋ぐ商売の為に、
せっせと移住(密入国、不法入国、不法労働が多い!)や工作活動をしています。
世界で韓国人による不法移民滞在や不法労働などが非常に問題となり、提議されています。

オーストラリアでも集団不法滞在が問題に。
カナダで韓国人女性の入国規制(売春が多いため)。
フィリピン政府が、自国の女性へ「韓国人に注意」の勧告。
ニューヨークでも白タク(ぼったくりタクシー)を大規模で展開する不法労働韓国人たちが話題となりました。
また、ロサンゼルスでも日本人になりすました韓国人売春婦が大量摘発されています。
アメリカでは警察がマークしているほどです。

そして、これらの事実を揉み消し、韓国人のイメージを上げるために、韓国が必死で「ブランド委員会」や「VANK」組織を使いながら、世界へ嘘と捏造、
真実の揉み消しを行っているわけです。

在外韓国人の犯罪が最も多い国は、日本ということを忘れてはいけません。
また、在日韓国人のほとんどが不法入国、不法滞在、不法労働で、日本人になりすまし、日本語を使い、日本人の名前をつけて、日本へ在住している事実も、日本人は知るべきです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。