スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【速報】 韓国 「日本はノーベル賞を買収して、韓国に嫌がらせをしている」

韓国は超学歴社会なのに大学ランキングは低迷、
ノーベル科学賞も取れないのはなぜ?

韓国は世界一の学歴社会と称されるが、そのイメージとは裏腹に“知の崩壊”が進んでいる。評論家の呉善花氏がその背景を解説する。

韓国の受験戦争は苛烈だ。大学入試の当日は、試験に集中できるよう会場近くでは飛行機の離発着が禁止され、道路が通行止めになるほど。

それほどまでに韓国は厳しい学歴社会であり、大学進学率は日本が50%台なのに対し、韓国ではピーク時の
08年には83・8%に達した。OECD加盟国で最も高い水準だ。ただ、成長するほどレベルが下がる。

東京大学が27位に入った大学ランキング(イギリスの教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」による
「世界の大学ランキング」2012年発表)ではソウル大は59位。金大中元大統領の平和賞を除けばノーベル賞受賞者は一人もいない。

韓国ではノーベル賞受賞を逃す度に「日本は賞をカネで買った」と口汚く罵る声が上がる。

詳細 2013/7/25
http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/sapio-20130725-01/1.htm

◆問題のアジアにおけるノーベル賞(科学分野)

★日本 16人
湯川秀樹     (物理学)   1949年  朝永振一郎    (物理学)   1965年
江崎玲於奈    (物理学)   1973年  福井謙一     (化学)    1981年
利根川進     (医学生理学) 1987年  白川英樹     (化学)    2000年
野依良治     (化学)    2001年  小柴昌俊     (物理学)   2002年
田中耕一     (化学)    2002年  小林誠      (物理学)   2008年
益川敏英     (物理学)   2008年  下村脩      (化学)    2008年
鈴木章      (化学)    2010年  根岸栄一     (化学)    2010年
南部陽一郎    (物理学)   2008年  山中伸弥     (医学生理学) 2012年

★パキスタン 1人
Abdus Salam   (物理学)   1979年

★台湾 1人
李遠哲      (化学)    1986年

★韓国 0人


買収が常態化している国は他国も買収をしてると信じ込むんだね。
アジアで腐敗した国に選ばれるだけのことはあるわ。

韓国はアジアの先進国で最悪腐敗国

企業家に調査した腐敗度ランキングが発表されました。
韓国はアジアの先進国で最悪腐敗国らしい。
…韓国って先進国だったっけ?まあいいや。
シンガポールが清廉度で一位。しかも圧倒的一位。すごいな。
日本は二位だけど、驚きはないよね。
アジアは全体的に賄賂国だらけだから、比較してランキングつけたらこうなるよねって思いました。
腐敗

香港PERC、外国企業対象の調査
シンガポール、日本、オーストラリアより2~3倍の深刻さ

企業腐敗2位…「投資誘致マイナス」懸念

「韓国はアジアの先進国で最悪の腐敗国」という国際調査結果が出た。
アジア各国で活動する外国企業を相手に、地元の腐敗レベルを聞いた結果、韓国はシンガポール、日本、オーストラリア、香港などに比べて、少なくとも2倍以上腐敗していると評価された。
韓国よりも腐敗のスコアが高いのは、インド、インドネシア、フィリピン、ベトナム、ミャンマー、カンボジア、中国などであった。
特に我が国は、企業腐敗の程度と、腐敗に対しての処罰で、アジア2位の不名誉になった。
14日、世界日報が単独入手した香港の政治経済リスクコンサルタンシー(PERC、www.asiarisk.com)レポートによると、アジア17カ国(米国、香港、マカオを含む)がどれだけ腐敗しているかというアンケート調査の結果、韓国は6.98点を記録した。
1976年に設立されたPERCは、アジア各国に常駐研究員を置いて、それぞれの国の政治・経済問題の分析と、国・企業のリスク管理をアドバイスする企業だ。
ここは、リスク諮問のために、20年前から、毎年各国で活動している外国企業の1000~2000人が地元の腐敗程度(最も悪い10点~最も清廉0点)を評価するために調査をしている。
PERCは、2013年の調査報告書から、今年の韓国の腐敗の調査結果を「アジアの先進国(developed countries)で最悪であり、過去10年で最悪」と評価した。
2004年に6.67点まで上がった腐敗スコアが、2010年に4.88点まで落ちた後、再び上昇して、今回の調査で最高点を更新したということだ。
外国人が眺める韓国の清廉度は、10年前よりもひどいということだ。
PERC関係者は「さらに深刻な問題は、腐敗した韓国の道徳観が、国境を越えた腐敗に貢献をしていること」といい「韓国腐敗の根は、政治・経済ピラミッドの最上層部まで伸びている」と指摘した。
「国境を越えた腐敗」とは、韓国企業が行う海外事業での腐敗行動を意味する。
シンガポールは過去10年間、腐敗スコア0.37~1.30点で不動のアジア清廉度1位を守った。
2013年の評価では、日本とオーストラリアはそれぞれ2.35点、香港は3.77点、米国は3.82点、世界のG2(主要2カ国)に浮上した中国は7.79点だった。
韓国の腐敗レベルに対する冷たい評価は、不名誉だけで終わる問題ではない。
腐敗が深刻な国は、それだけ公正な競争の機会が少ないということで、経営リスクが大きいと評価されて、外国資本の投資誘致にマイナスに作用する。
ユンウンギ韓国腐敗学会長は「国際透明性機構(TI)の腐敗認知度基準で腐敗が1単位減少すると、国民1人当たりの国内総生産(GDP)が2.64%上昇するという研究結果もある」といい、「シンガポールの奇跡のような経済成長は、腐敗防止活動で可能となった」と話した。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。