スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【拡散希望】ダイアモンドセキュリティ構想

12月27日付けで安倍晋三首相の英語論文がプラハに本拠を置く国際NPO団体「プロジェクトシンジケート」のウェブサイトに、掲載された。しかし国内メディアはこの論文に沈黙を守っている。安倍総理は何を語ったのか。今、日本では奇妙奇天烈な事態が起きている。日本の総理大臣が英語で世界に訴えた論文を、当の日本メディアが一切取り上げようとしないのだ。そもそも安倍総理が英語で論文を発表していたということ自体、初耳だという人がほとんどなのではないか。 

 安倍総理が論文を発表したのはプラハに本拠を置く国際NPO団体「プロジェクトシンジケート」のウェブサイトである。プロジェクトシンジケートは世界各国の新聞社・通信社と提携しており、各国要人のインタビュー記事を配信するなど実績あるNPOだ。その格調高さは安倍総理以外の寄稿者の顔ぶれを見ても一目瞭然だろう。ジョージ・ソロス、ジョセフ・スティグリッツ、ビル・ゲイツ、マイケル・サンデル、クリスティーヌ・ラガルド、などなど。 2月に出版されるプロジェクトシンジケート叢書では、安倍総理の論文がこれら寄稿者の劈頭を飾ることになるようだが、気づいていないのか、知っていって無視を決め込んでいるのか、日本マスコミの沈黙は不気味としか言いようがない。 
自国の宰相が英文で世界に訴えたメッセージを、当の日本国民が知らぬ存ぜぬでは、世界に対してあまりに恥ずかしいというものではないか。しかも朝日・読売・日経といった国内大手新聞はプロジェクトシンジケートと提携しているにもかかわらずだ。 

 当方はこんな奇妙奇天烈な事態を黙過しがたい。そこでガラにもなく安倍総理の英語論文を訳してみることにした。翻訳の専門家ではないので誤訳・迷訳・欠陥翻訳はご愛敬として読み捨てていただきたい。大意を汲んでいただければ十分である。 
Asia’s Democratic Security Diamond 
http://www.project-syndicate.org/commentary/a-strategic-alliance-for-japan-and-india-by-shinzo-abe外部リンク 

アジアの民主主義セキュリティダイアモンド 
2007年の夏、日本の首相としてインド国会のセントラルホールで演説した際、私は「二つの海の交わり」 ─1655年にムガル帝国の皇子ダーラー・シコーが著わした本の題名から引用したフレーズ─ について話し、居並ぶ議員の賛同と拍手喝采を得た。あれから5年を経て、私は自分の発言が正しかったことをますます強く確信するようになった。 太平洋における平和、安定、航海の自由は、インド洋における平和、安定、航海の自由と切り離すことは出来ない。発展の影響は両者をかつてなく結びつけた。アジアにおける最も古い海洋民主国家たる日本は、両地域の共通利益を維持する上でより大きな役割を果たすべきである。 にもかかわらず、ますます、南シナ海は「北京の湖」となっていくかのように見える。アナリストたちが、オホーツク海がソ連の内海となったと同じく南シナ海も中国の内海となるだろうと言うように。南シナ海は、核弾頭搭載ミサイルを発射可能な中国海軍の原潜が基地とするに十分な深さがあり、間もなく中国海軍の新型空母がよく見かけられるようになるだろう。中国の隣国を恐れさせるに十分である。 

 これこそ中国政府が東シナ海の尖閣諸島周辺で毎日繰り返す演習に、日本が屈してはならない理由である。軽武装の法執行艦ばかりか、中国海軍の艦艇も日本の領海および接続水域に進入してきた。だが、このような“穏やかな”接触に騙されるものはいない。これらの船のプレゼンスを日常的に示すことで、中国は尖閣周辺の海に対する領有権を既成事実化しようとしているのだ。もし日本が屈すれば、南シナ海はさらに要塞化されるであろう。日本や韓国のような貿易国家にとって必要不可欠な航行の自由は深刻な妨害を受けるであろう。両シナ海は国際海域であるにもかかわらず日米両国の海軍力がこの地域に入ることは難しくなる。このような事態が生じることを懸念し、太平洋とインド洋をまたぐ航行の自由の守護者として、日印両政府が共により大きな責任を負う必要を、私はインドで述べたのであった。私は中国の海軍力と領域拡大が2007年と同様のペースで進むであろうと予測したが、それは間違いであったことも告白しなければならない。 

 東シナ海および南シナ海で継続中の紛争は、国家の戦略的地平を拡大することを以て日本外交の戦略的優先課題としなければならないことを意味する。日本は成熟した海洋民主国家であり、その親密なパートナーもこの事実を反映すべきである。私が描く戦略は、オーストラリア、インド、日本、米国ハワイによって、インド洋地域から西太平洋に広がる海洋権益を保護するダイアモンドを形成することにある。対抗勢力の民主党は、私が2007年に敷いた方針を継続した点で評価に値する。つまり、彼らはオーストラリアやインドとの絆を強化する種を蒔いたのであった。 
(世界貿易量の40%が通過する)マラッカ海峡の西端にアンダマン・ニコバル諸島を擁し、東アジアでも多くの人口を抱えるインドはより重点を置くに値する。日本はインドとの定期的な二国間軍事対話に従事しており、アメリカを含めた公式な三者協議にも着手した。製造業に必要不可欠なレアアースの供給を中国が外交的な武器として使うことを選んで以後、インド政府は日本との間にレアアース供給の合意を結ぶ上で精通した手腕を示した。 

 私はアジアのセキュリティを強化するため、イギリスやフランスにもまた舞台にカムバックするよう招待したい。海洋民主国家たる日本の世界における役割は、英仏の新たなプレゼンスとともにあることが賢明である。英国は今でもマレーシア、シンガポール、オーストラリア、ニュージーランドとの五カ国防衛取極めに価値を見いだしている。私は日本をこのグループに参加させ、毎年そのメンバーと会談し、小規模な軍事演習にも加わらせたい。タヒチのフランス太平洋海軍は極めて少ない予算で動いているが、いずれ重要性を大いに増してくるであろう。とはいえ、日本にとって米国との同盟再構築以上に重要なことはない。米国のアジア太平洋地域における戦略的再編期にあっても、日本が米国を必要とするのと同じぐらいに、米国もまた日本を必要としているのである。2011年に発生した日本の地震、津波、原子力災害後、ただちに行なわれた米軍の類例を見ないほど巨大な平時の人道支援作戦は、60年かけて成長した日米同盟が本物であることの力強い証拠である。 

 私は、個人的には、日本と最大の隣国たる中国の関係が多くの日本国民の幸福にとって必要不可欠だと認めている。しかし、日中関係を向上させるなら、日本はまず太平洋の反対側に停泊しなければならない。というのは、要するに、日本外交は民主主義、法の支配、人権尊重に根ざしていなければならないからである。これらの普遍的な価値は戦後の日本外交を導いてきた。2013年も、その後も、アジア太平洋地域における将来の繁栄もまた、それらの価値の上にあるべきだと私は確信している。安倍総理が論文で表明した内容について、ここではあえて解説しない。論文内容には賛成も反対も批判もあっていい。様々な立場から多くの意見が表明されてしかるべきだ。しかし、それはあくまで論文がマスコミで報道されてからの話である。報道されていないから知り得ようもないのが現状であって、自国の宰相の論文を報じようともしないマスコミの存在意義が問われてしかるべきではなかろうか。 

なお、いちはやくこの論文に気づいた数少ない日本人ジャーナリスト西村幸祐氏は、自身のTwitterで以下のように述べている。ぜひ参考としていただきたい。 

西村幸祐 @kohyu1952 2013年1月6日 この安倍論文は12/27WSJの論説に呼応する一面も。第一次安倍内閣末期のインド訪問のインド議会の名演説の回想から始まる感動的なもの。昨年末からインドではあの安倍演説が称揚されている。 


西村幸祐 @kohyu1952 この安倍論文は日本が海洋国家であることの自己確認から始まり、支那の侵略覇権主義に対する確固たる意志を示したものだが、ここで言う〈アジアの民主主義のセキュリティ・ダイヤモンド〉にとても加わることができない朝鮮半島にどう落とし前をつけるか、という課題も残りますね。 

また、この安倍論文は徐々に反響を呼び始めており、外交安全保障専門誌のThe Diplomat が文中の「南シナ海は北京の湖」という表現に反応した論説を出していることも付言しておく。 

http://kennkenngakugaku.blogspot.jp/2013/01/blog-post_10.html?m=1外部リンク
スポンサーサイト

カナリアのペア

この冬の間、ずっとカナリアのつがいを探していました。
巣引きがしてみたくて。つまり、繁殖です。
カナリアは春と秋に輸入されます。今はとても品薄です。
サイトで検索してみたのですが、どこも売り切れ。
まあ当然ですね。
そこで、最後の望みをかけて、近所の蜘蛛の巣だらけの小鳥屋さんに電話してみました。
そうしたら、カナリアの雄と雌がいるというのです。
すぐに見に行ってみました。
いましたいました。とても元気なカナリアです。
カナリアの足には、誕生年などが書かれた足環がついています。
足環を確認して2012年生まれの若鳥だとわかりました。
カナリアの巣引きは2月から3月に始まります。
うまくいけば、今年、雛を拝めるかもしれません。
早速購入してきました。
これは雌のカナリアです。
 
よく見るとわかりますが、頭に黒い羽根が混じっているのが特徴です。

現在、オスとは引き離し、互いを見える位置に置いてあります。
最初から一緒にしておくと、発情しにくいのです。
オスが頻繁に歌うようになり、メスが答えるようにさえずるようになった頃が一緒にし時です。
喧嘩するようであれば、10日位引き離します。それで落ち着きます。

今は卵を産んでもらうための体力づくりの期間です。
餌にカナリーシードやごまめを2割ほど混ぜ、ゆで卵の黄身を少しずつ与えます。
ボレー粉や小松菜なども欠かせません。
2羽ともまだうちに来たばかりで環境に慣れていません。
ゆったりと慣らそうと思います。
自然の日照時間に合わせるのがいいので、居間に籠を置いてあるのですが、灯りはつけません。
パソコンの明かりだけで過ごそうと思います。かわいい雛を見るためです。
ひたすら我慢します。

コザクラインコ二日目

コザクラインコの桜ちゃん、物凄くやんちゃな子だとわかりました。

昨日、おとなしくしてるかなと思ったら段ボールから逃走を図ろうとしたり。




脚が丈夫なことと、低空飛行ができることから、今日ケージに移しました。移した直後、餌箱の下にもぐって隠れようとしていました(笑。 

でも一時間もしたら慣れてきて、止まり木に泊まっていました。

本日、インコのおもちゃが届いたので、ケージの中にさっそくぶら下げました。そうしたら、やはり固まってしまって、しばらく身動きしませんでしたが、1時間ほどでおもちゃで遊び始めました。 
ケージに移してから、あまり食事をしていないようなので、差し餌をまだしています。でも、雛のようにがっつくんではなく、少しずつついばんでゆっくり食べます。あんまり時間がかかるので、眠くなってしまいました。

コザクラインコの桜ちゃん、無理やり乗せると手には乗ってくれますが、逃げ出したくて仕方ないようです。今日は昨日より高く飛んで、姿見の裏に落ちました。そのまま隠れてるつもりだったのでしょうが、レスキューしてケージに戻しました。ラブアマナ生活には程遠いですね^^;

でも、慣らして見せます。頑張ります。

コザクラは壁紙はがすのが得意だそうです。予防には小型のぬいぐるみがいいと聞きました。今日、ぬいぐるみをたくさん注文しました。ひとつ500円くらいです。セット売りのはもっと安かったです。カーテンレールの上と、CDラックの上に置こうと思います。

早朝覚醒



今朝は3時に目が覚めてしまいました。
いつもなら、こたつを付けてそこで寝るのですが、
今はコザクラインコの桜ちゃんのためにエアコンがかかってる。

いくらなんでもエアコンとこたつは使いすぎでしょうと思い、
こたつはつけませんでした。
そうしたら、目がバリバリに冴えちゃって・・。
つまりね、寒いの。

でもそんなに寒いわけじゃない。
そのうちパソコンで作業始めちゃって、
完全に寝そびれました。

桜ちゃんは手には乗りますが、まだ私にはなじんでいません。
ベタアマナ生活を送るには構い倒さねばなりません。
さて、今日から始めましょうか。

コザクラインコ到着しました^^

通信販売で福岡から買い入れたコザクラインコ、

今朝8時に配送センターに到着していることを確認してから迎えに行きました。

12月24日にはこんな感じだった雛。

今では低空飛行もできる元気な子が到着しました。 
 
手に載せて餌は差し餌を食べてくれます。でもちょっとかわいがろうと撫でてやると、あっちこっちに逃げようとします。クッションの隙間や、家具の裏がお好みの様子。

もともと、樹のうろで生息する生き物ですから、狭いところ大好き。家じゅうの狭い隙間をふさがねばなりません。

名前は桜。コザクラインコだから。なんて安直なと思われるでしょうが、いい名だと思いませんか?

色はアメリカンシナモンパイドというらしいです。コザクラインコの色はたくさん種類があってよくわかりません。

今日はついたばかりなので安静にし、明日からべたべたに慣れてもらうべく頑張ろうと思います。苦難の道ですが、きっと慣らせて見せます。

ペットを飼うことにしました


メレインの美容整形体験ブログ


一人暮らしは特にさびしくないんですが、生き物がいないのはちょっとさびしい。


ということで、コザクラインコを飼うことにしました。

写真は12月24日にとられたものです。うちに到着するのは1月5日になります。


この写真よりは立派になっているでしょう。


まだ差し餌が必要で、できたらべたべたの手乗りに育て上げたいと思っています。

コザクラインコはラブバードと言われています。愛情がすごく深く嫉妬深い鳥さんです。


ネットで調べていたら、パソコンに向かっている時、マウスにも攻撃を仕掛けるとか・・・。

くちばしの力も強く、本気でかまれると流血の事態だそうです。


この子は福岡から送られてきます。通信販売で申し込みました。

早く正月が明けないかな~。現金前払いなんです。

4日に振り込むと、5日朝には最寄りのヤマト運輸の営業所に届きます。


朝一でとりにいかねばならないのですが、自動車持ってないのでタクシーでGO!

早く4日になってくれ。お金14時までに振り込まねばなりません。


早く会いたいよう。元気な姿で会えればいいなと思います。



あと、予算に都合がついたら、カナリアを一羽飼おうと思っています。

鳥籠だけ先に買ってしまいました。今日到着です。


カナリア、以前は9000円くらいでしたが、今はどうなんだろう?

高かったら来月買うことにします。


以前飼っていたんですが、ペット禁止のマンションに入るため、

泣く泣く手放しました。小鳥屋さんに返しただけですけれど。

カナリアのさえずりは癒されますよ^^

よくさえずる若い子を選ぼうと思います。


値上がりしていませんように…。



その他にミクシィのマイミクさんから小鳥が頂けそうです。

よく繁殖するカップルらしく、増えすぎたらいただけるとのことでした。

そちらはまだ先になりますが、楽しみにしています。


でも、何の種類か聞いていません。来てからのお楽しみです^^

あけましておめでとうございます

昨年一年は怒涛の年でした。
 
2月に病気にかかり、職場をやめ、月4回のバイトで16万稼ぐという生活。専門職の特権のようなものです。
 
お引越し。10万ちょっとの3LDKの最上階角部屋から、普通のアパートへ。荷物が多くてだいぶ売ったり捨てたりしました。衣類に至っては、45リッターのポリ袋に10袋以上捨てました。本、家具、マッサージチェア、テレビなども売り払い、貴金属も売ってしまいました。とにかく邪魔なものは廃棄処分。
 
お顔の美容整形。100万の借金をこさえることに。金利無しの36回払いですが。
 
まあ、いろいろありましたが、楽しい一年でした。
 
今年は体を治して職場復帰したいですね。体力が落ちていますので、まずは体力作りから。40分歩いただけで、翌日足腰がだるいというのは重症です。徹底的に散歩しないと。でも寒いのは嫌。もうちょっと暖かくなってから。
 
あと、今年から小鳥を飼うことにしました。カナリアとコザクラインコです。コザクラインコは雛を注文しましたので、手乗りにする予定です。ラブバードと言われるコザクラインコ。ベタ甘な生活になるでしょう。
 
1月は病院通いが頻繁です。でもめげずに頑張ります。
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。