スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三郎ちゃん

注)仮名ですからね~。

その患者さんは76歳で胃癌の末期だった。

ちょっと認知症が入っていたが、とてもひょうきんなおじいちゃんで、皆から三郎ちゃんと呼ばれていた。
がん末期だというのに痛みを感じないのかいつもニコニコ。ひょうきんな事を言って看護師をよく笑わせてくれた。

三郎ちゃんが吐血したのは私の深夜勤務の時だった。
ドクターコールして止血剤の入った点滴の指示をもらい、安静を保つため膀胱に管を入れた。

「大丈夫?三郎ちゃん。痛くない?」と私は患者の目を覗き込んだ。

三郎ちゃんは私を見つめ返したが、もう意識が落ちて来ていて返事はなかった。三郎ちゃんはそのまま昏睡に入った。

その日の昼間、家に帰ってから寝つこうとすると重い石と石をぶつけあうようなドカッという音がうるさくて眠れない。何度も何度もその音は響いた。どこかで工事でもしているのかと部屋の窓を開けて耳を澄ましても音はしない。工事もやってる風ではない。

窓を閉めて再び寝ようとするとドガッと音がし始めた。私は廊下の方の窓に行ってみた。そうしたら後ろでドカッと聞こえた。振り向くと私の部屋。部屋に戻って音源を探す。すると部屋の真ん中で音がしているではないか。

これはもしや、ラップ音と呼ばれるものか?まあいいや。気にしないでおこう、疲れてるんだ。寝よう。ドカドカうるさかったが私は寝付いた。

すると左肩をトントンつつくものがある。トントントントン寝入りばなで私は目を覚ました。肩に何かぶつかっているのかな?肩に手をやってみても何も触れない。でもドカドカ音は続いていたし、左肩は寝ようとするとトントントントンつつく感触があって眠れない。

こんな悪戯をするのはもしや……「三郎ちゃん?」私は呼んでみた。すると、肩をつつく感触は消えた。でもドカッバキッという音が増した。うるさいな~。まあいい寝ようと私は眠った。

翌日から私は友人の結婚式で旅行に出た。ドカッバキッは旅行先までついてきた。友人の部屋で二人になった時、思いきりドカッバキッと。

「ちょっと、あんた、何連れてきたのさ?」と友人。

あら、聞こえるのね~。幻聴じゃなかったんだわ~とちょっと安心。実はかくかくしかじかで多分三郎ちゃんだと思うと説明。友人は笑い転げていた。

「どうすんの?」と友人。どうしようも憑きものが取れるまで仕方がないじゃないと二人で就寝。

翌日友人の結婚式。で終わって友人宅に戻るとドカッバキッという音が減じている。弱ってきている。三郎ちゃん、まだ昏睡状態なのかなあ?まあいいや。
私は翌朝で自宅に戻った。すると音がしなくなってるではないか。

ちょっと確認しておくかと職場に電話。「三郎ちゃんはどうなったか教えてくれる?」

「三郎ちゃんなら亡くなったよ。午前4時頃だったみたい」お礼を言って電話を置いた。

その晩からゆっくり眠れたのは言うまでもない。



スポンサーサイト

霊安室

霊安室というのは病院で亡くなった患者さんをすぐにつれて帰れない場合に一時的に安置する場所です。

なぜ霊安室に移すかというと、病室をすぐに空けていただき、次の患者さんが入れるようにするためというのが大きい。次に、空調の問題である。霊安室はご遺体の腐敗が進まないようにキンキンに冷やす機能を備えてることが多い。

病院によって霊安室はさまざまである。ただの無機質な部屋から、無宗教・キリスト教・仏教と3種類用意している病院もある。病院によって場所も様々で病院の外に設けている場合もあるし、地下に設けている場合もあるし、院内に設けている場合もある。

ある病院ではひとつぽつんと離れていてあまり利用しない病室が霊安室として使われていた。ところが、そこは看護師の仮眠室でもあった。怖がりの人は診察室の診察台で寝ていた。

だが、夏場、クーラーをキンキンにかけることができて、快適にベッドで眠れる部屋はその霊安室しかなかった。私は特に気にせずに寝ていたが、というより好んで寝ていたが、中にはどうしてもいやって看護師もいた。気持ち悪いとか怖いとかいうのである。

ちょっと前にご遺体を搬送したばかりだと布団も毛布も新しいものになっていてとても快適だ。死者は特に悪さをしない。単に命のともしびが消えただけなのであるのだから、怖くもなんともない。中には夜あの部屋に入るのはどうしてもいやって看護師もいるから人それぞれで面白い。

実際にその部屋で幽霊が出たことは一度もないし、悪夢にうなされたこともない。要は気の持ちよう一つなのだが、駄目な人は徹底的にダメだという。

内科の個室というのはよく人が亡くなる。たまに個室希望で入院される方がいるが、あそこは霊安室以上に死者が多いんですよ。知らぬは何とやらですが、特に悪夢を見たとか取りつかれた人はいないようですから安全です^^

血小板減少性紫斑病

その患者さんは26歳。

神奈川で働いていて血小板減少性紫斑病と診断され、ステロイドを大量に使うパルス療法を受けたが効果が芳しくなく、実家近くの病院である私のいた病院に転院してきた。

血小板がかなり低下しており、ちょっとした傷からも出血がなかなか止まらない。

非常に温厚で穏やかな青年ですべて告知されており、病気がかなり悪いことを知っているのにいつも笑顔で看護師に接する方だった。

不思議なことに、実家近くだというのに家族の姿を見かけたことはない。家庭事情が複雑だったのだろうか。後見人は彼の職場の社長だった。そして、婚約者が面会に来ていた。

「お願いです。先生。いくら金がかかってもいいですから彼を助けてください」

社長はいつもそう言って彼の見舞いに頻回に来ていた。本当に人柄のいい知的な青年で、社長が次期社長にと育てているのだと言っていた。「俺の跡を継ぐのは彼しかいない」のだと。社長も本当にいい方だった。

血小板を輸血しながらドクターはまず、パルス療法を行ってみたがやはり結果は芳しくない。そこで、アメリカから最新の治療薬を輸入し彼に用いることになった。もちろん、日本では認可されていない薬剤である。

当時、保険診療と自費診療を混在させてはいけないという規則があったため、その薬を使う場合、全額を自己負担とするか、病院が自腹を切るかどちらかしか選択肢がなかった。ドクターは研究費としてその治療薬の使用に踏み切った。

病院には研究目的で使用していい金額枠が設けられているので、それを使用したのである。研究費として計上されてる金額は一説によると売り上げの10%ほどあるらしい。

そして、薬の投与が始まったが結果は芳しくない。そのうちに患者さんは失明した。

「脳の血管がいっちゃったね…」とドクターが患者さんに静かに切り出す。

「そうみたいですね。これも運命かな…」と患者さんは穏やかな口調で答えた。

脳の視覚をつかさどる部分で脳内出血が起きていた。普通であれば出血は止まるが患者さんは血小板が低いので出血は止まらないで脳を圧迫していき死に至る。余命が短いと告知されたのも一緒だ。

それから、患者さんは頭痛にさいなまれるようになって、それでも終始穏やかな口調で看護師と接していた。社長は絶対によくなると付きっきりで彼のもとに来ていた。

やがて昏睡状態になり、穏やかな顔で患者さんは死を迎えたらしい。社長も男泣きに泣いたそうだが、普段、気丈な主任が泣いたと聞いた時にはおどろいた。本当に穏やかないい青年だった。

婚約者の女性は見ていられなくなったのか途中から来なくなっていた。それほど闘病は激しいものだった。家族は一度も顔を出さずじまいだったらしい。

人権侵害救済法案

今回のネタは「興味ない」では済まされない、非常に危険な法案を通そうとしている、売国政党民主党のネタです。

まずはこちらをご覧ください。

http://hamusoku.com/archives/5462623.html

ソースが2chなんで「信用できるの?」と思う方もいらっしゃるでしょうね。でも、若干言葉が汚いだけで間違ったことは書いてありませんよ。そういう危険性を持った法案ということです。

人権侵害救済法案は、以前から人権擁護法案として提案されてきた案件です。その時から危険な法案と言われていました。人権を守るための法律だからいいものじゃないの?と思われるかもしれません。しかし、どう考えてもそうではないのです。何処が危険か?

こちらのサイトをご覧ください。少々長いですが詳しく説明してくれています。
http://blog.livedoor.jp/monster_00/archives/cat_847822.html

それを踏まえて、今回の人権侵害救済法案です。危険度がパワーアップして提案されています。

・人権擁護委員は地方参政権を有する者から選ぶ

「日本人」ではなくて「地方参政権を有する者」というのがミソです。これは外国人地方参政権とセットで考える必要があります。外国人が参政権を持った場合、人権擁護委員になることができるわけですね。

ということはですよ。めっちゃ簡単に言うと…、



「フジテレビの韓流ブーム偏向報道がウザい」と言ったとして、それを人権擁護委員が「人権侵害だ!」と感じてしまった場合、人権侵害救済法違反として強制捜査、最悪起訴されてしまうということです。



どうですか? まさに言論の自由を封じ込める、国民主権を貶める、国家民主主義を否定する、最悪の法案だというのがお分かりになるでしょうか。

何故民主党はこんな法案を通そうとしているか? ここからは少し推測も入ります。まずは民主党という政党が左翼思想に固まった愛国心のない政党であるということ。それも特定三国の利益を重視する、かなりズブズブの関係を持っているらしいこと。菅総理大臣の献金疑惑でもお分かりかと思います。リベラル、グローバルと言いながら、特定三国に偏ってるというのは誰がどう見てもおかしいですよね。そして民主党は、最終目的として、「日本を解体する」という思想を信条としているということ。内閣の大臣たちの発言を聞くことで、それは想像に難くないと思っています。誰も日本の国益を考えていない。いや、考えているのかもしれませんが、方向が民意と正反対という、非常に危険な政党と言えます。

民主党にも愛国心をもった中道の議員がいるらしいということは聞き及んでいます。そういう人達と、自民党や他の野党が一致団結しないとこの法案は潰せないと思います。

で、自分たちに何ができるか? まずはこのことを知っておくことが大事と考えます。知らなければ賛成も反対も出来ませんから。マスコミも報道しませんしね。で、自分の住んでいるところの選曲の議員さんが、この法案に対してどういう考えを持っているか、電話なり何なりで聞いてみることも必要かもしれません。

とりあえず、ヤバイと思っていただけたなら、この日記を拡散していただけないでしょうか? 知っている方も多いと思いますが、まだ知らない方もたくさんいると思うんです。そういう方にぜひ目を通していただきたい、そう思って書きました。

高岡蒼甫の件からちょっとだけ政治に目覚めた若輩者の意見ですが、自分では間違ったことを書いているとは思ってません。誰の意見を聞いても、この法案の危険さしか伝わってきませんから。

よろしければでいいので、拡散をお願いいたします。
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。