スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

看護師派遣会社

職場を一人で探し出すのは難しい。細かい内情や、給与面でも派遣会社を通すと違ってくる。

派遣会社は病院にとって宣伝の場だからだ。

派遣会社は病院からお金をもらって動く。

紹介した人数が多ければ多いほどもうかる仕組み。

だから、病院側から少しでもいい条件を出させて、一人でも多く契約してもらうのが使命。

職を探すなら派遣会社を通すのがいい。

個人で行くと結構値切られる部分が実際にあるのです。

今回二つの派遣会社を頼みました。

紹介を受けた病院は今のところ3つです。

3つとも面接に行きます。

私の経歴は実は穴だらけです。

お金ができると海外旅行をしたり、自分の趣味に興じて3年も働かずにいたこともあります。

働いてんたはいいけれど不正だらけのろくでもない病院だったり、

なんの引き継ぎもなく婦長にさせられたこともありました。

そういうところはシステムがしっかりしていないのですぐにやめることになります。

そういう風に経歴の穴が目立つのです。

それに前にいた病院はノイローゼの抑うつ状態でやめています。

原因は隣の爆音の夜間の音楽です。

耳栓をしていても飛び起きるほどひどいものでした。

そこは看護師寮で壁が薄く話し声が筒ねけなばしょでした。

眠れぬ夜を一か月半過ごしたら、見事にノイローゼになっていました。

症状は抑うつです。いつでもどこでも音楽がヘヴィローテしていました。

眠れなくなり、精神科のお世話になりました。

そういう経歴が傷としてあるのです。

傷物はいらないととるか、患者の心理を分かる看護師と取るかは経営者次第です。

また、今いる精神科は勉強になりませんでした。

自分がどんどんバカになっていくのが怖い。知識が抜け落ちていくのです。

はたしてそんな病院からの看護師を雇ってくれるかどうか。

とても不安です。

派遣会社からの情報では年間休日126日、給与は多少下がりますが、

面接で人柄を見てくれるとのこと。

緊張しなければいい印象を与えられそうです。

さて、私はいつもすっぴんなんですが、面接のときだけは化粧をしていくことにしました。

男女差別の最たるものですが、常識になってますので。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

IE9

私の持ってる某パソコン工房のインターネットエクスプローラー8がしょっちゅう固まっていたため、

だいぶ前にIE9ベータ版を入れてみた。

ところがフラッシュプレーヤーとの相性が悪いときている。ベータ版のフラッシュプレーヤーを入れたのに。

映像が動かなくなったりして何度再起動したことか。

仕方なく火狐を使用していたのだが、カスタマイズできるのは面白いがやはり使用しにくかった。

クロムも使ったがwin7のお気に入りが反映されないときている。これは却下。

このたび、IE9がやっと製品候補版に格上げになった。

使いやすくなったのかな~と思いきや、メッセージが全部英語で出てくる。

まあそのくらいはいいのだが、ベータ版とあまり変わってないと思うのは私だけだろうか?

相変わらず火狐が手放せないのである。

なぜか?

ゲームが固まるのである。

おまけに何かやってる最中にいきなり停止することがある。

これは非常に困る。製品版になれば改善されるのだろうか?

もともと使いにくかったが、これが改善されないと安心して使えない。

看護師派遣会社もう一社

もう一社派遣会社に登録しました。

こちらの案件は年間休暇が126日ある精神科の病院です。

でも痴呆病棟があるのが気にかかります。

はっきりって、痴呆患者は見るのが大変です。

言葉が通じないことから始まって、糞尿垂れ流し。

食事も介助してやらねばなりません。

精神科なら、わけわからないこと言っていても、

ある程度自分の事は自分でできます。

そこが大きな違いかな?

まあ、あっちこっちの病院を見て回りたいと思います。

もう年ですから、一生働ける病院を探します。

焦らずに行こうと思います。

ここは給与はあまり下がらないとのことです。

でも季節は4月になろうとしています。

4月になると新卒者が出てきます。

新卒者にはかないません。

決まればいいな。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

不眠症と睡眠薬:実際のんできてみて

私は小学生の時から不眠だったのだが、知識がなかったので眠れない夜もこんなものだろうと思っていた。高校にあったころには2時間睡眠が当たり前で、夜ベッドに入り、空が白みだしてから寝ていた。
そしてすぐに起きる時間。でも、不思議と日中眠気はなかった。

私が不眠症という言葉を知ったのは看護学校へ行ってからである。授業で習ってから、ああそうか、私のは不眠症なんだと理解した。それでもまだ治療という考えが浮かばなかった。

睡眠薬を飲みだしたのは就職してからである。あのころ、ハルシオンは規制が甘く、いくらでも手に入ったのである。私の最初の睡眠薬は病院から不正に入手したハルシオンだった。最初は夜勤入りの日に飲んでいたが、徐々に量がまし、毎日になっていった。ハルシオンは短時間型の睡眠薬である。入眠困難に効くが、半減期がみじかく、長時間のこらない。

のちに、ハルシオン服用によって服用前の記憶まで飛んでしまうような事例が出てきて、現在は管理が厳しい。また、あるコルと一緒に飲むととてもハイになるのである。

ハルシオンが効果が無くなったころに飲んだ薬がネルボン。中時間作用型の薬である。これは飲むと口の中に何とも言えない苦味が残るがよく効いた。しかし、効果のあった期間も少なかった。
次に手を出したのがサイレース。これも長時間効くタイプでよく効きすぎてぐっすり眠れた。
だが、病院に予備があまりおいてなかったので滅多に飲まなかった。

こうして未治療で睡眠薬を飲んでいたのだが、あるドクターとの出会いで治療ではないが、好きな薬を好きなだけ出してもらえるようになった。サイレースを一日3錠飲んでみたこともある。めちゃくちゃをやっていたものである。まあそのドクターとの付き合いは短かった。

私が病院を移ってから付き合いは切れた。今度の病院は厳格で、薬は全部処方してもらわねばならなくなった。甲状腺機能亢進症があるので、レンドルミンを一日一錠出してもらうことにした。4年間はこの薬と時々飲むアルコールで眠れていたのである。

でも隣の夜間の爆音音楽が一か月半続き、ノイローゼになってしまってから、睡眠状態はガックリと悪くなった。心療内科に通い始め、睡眠薬はどんどん増えていった。それでも眠れない日々。

で、とどめのうつ病。これで睡眠薬は一段と増えた。現在のんでいるのはロヒプノール4ミリ。ベゲタミンA2錠から3錠。ウィンタミン300ミリ。これでも中途覚醒するのである。早朝覚醒もある。言えることは、睡眠薬はどんどん増えていくということ。飲まずにいられるなら飲まない方がいいということ。

まあ、軽い睡眠導入剤程度で好奇心からそれ以上のものに手を出さないこと。人によっては暗示で眠れてしまうこともある。ある人なんかマイスリー半分で5分で眠くなって寝てしまうという。睡眠薬が5分で効くはずがない。完全に自己暗示である。幸せな人である。

まあ私のは病的だが、不眠が続くようなら、つらいようなら、病院に行って処方を受けるのが一番である。まれに精神疾患が隠れていることもある。不眠を侮ってはいけない。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。